海洋葬とはどのようなものでしょうか。


海洋葬とは、海に自分の散骨をすることであり、日本だけでなく世界各国で昔からある方法です。

日本経済新聞情報が揃っています。

あまり馴染みのない方法でありますが、好きな海に自分の骨をまくことができるため、とても魅力を感じる人もすくなくありません。



海洋葬の場合には、必ず、遺体を火葬場などで焼いてもらい、骨にした状況でおこないます。



決して、そのまま死んだ姿のまま、海に投げ入れるなどしてはなりません。

これは、遺棄などの問題だけでなく、いろいろな問題が発生してしまうためです。また、多くの人に迷惑がかかってしまうやり方であるため、絶対に火葬場などで死体を骨にした後に、海洋葬をおこなうことが必要となります。

さて、骨をまく海ですが、世界の海でもよく、たとえばヨーロッパなどに思い入れがある人の場合には、ヨーロッパの海に自分の骨をまいてもらうことも可能です。

また、日本のここの海が好きだった、という想いがあれば、その海にまくこともできます。

このようにとても自由に自分の骨を好きな海、好きだった地域の海に流すことができるため、魅力を感じる人が多いのです。
また、好きだった人との思い出の場所、たとえば戦争で亡くなってしまった旦那さんと同じ地域で眠りたいという想いから、たとえばその戦地の旦那さんが眠っておられるであろう場所に、その場所の海に散骨をする人もおられます。

このように、海洋葬は、いろいろな人に愛されています。