永代供養とはお寺が個人に変わって管理や供養をしてくれることを指します。


近年、少子高齢化の影響でお墓を守っていく人がいないなどの理由から無縁仏なってしまうお墓が多くなり、寺院でも管理が難しくなっています。



また、お墓を新たに建てる際も、墓石代など多額の費用がかかる、遠方に住んでいるので管理ができない、といった理由の方が増えており、自然葬という、海や山に散骨をしたり、樹の下に埋葬する樹木葬が増えています。



そういった時代の流れにそい、寺院でも、永代供養墓の設置が進んでいます。

日本経済新聞情報探しのヒントをお教え致します。

永代供養墓に入る場合、注意点があります。

永代供養墓に入る際は宗派は関係ないところが多いです。ですが、中には檀家になる必要はなくても、宗派に属した供養を行うところもあります。

また、永代供養墓に埋葬されるとお骨を取り出すことが難しいこともあります。

一般的に、個別のカロートに骨壺を埋葬し、何年かたったのちほかの方の骨と一緒に合祀されますが、それでも改葬となるので費用が再びかかりますし、手続きも大変になります。

そのため、永代供養を考えるときは事前にいくつかの場所を下見しておくことが大切です。
永代供養を行っている寺院では生前に予約ができるところもありますので、生前からどうしたいのか考えておくと安心です。

どの時期にどういった供養を行ってくれるのか、費用はどのくらいかかるのか、管理はどのようにしているのかといったことを把握しておくとトラブルになりません。