自然葬は山や海などに散骨し亡くなった方を自然に帰すという葬儀の方法です。


近年自然葬を希望する方が増え、様々な自然葬を行うことが多くなりました。



葬儀の種類は海に散骨する海洋葬、特定の樹木などの下に埋葬する樹木葬、専用カプセルに納めて衛星ロケットにて打ち上げる宇宙葬などがあります。



それぞれ後継者の心配もなく、宗教や宗派にとらわれる必要はありません。

livedoorニュース情報が様々な条件で検索可能です。

遺族への負担も少なく自然に帰りたいと思う方にとってはメリットが多いやり方です。

ですが、自然葬を行う上でいくつかの注意点があります。海洋葬は船から海に散骨する方法と、ヘリコプターで空から海に向かって散骨する方法がありますが、どの海でも良いわけではなく公海上5海割以上で散骨を行うというきまりがあります。

なお、散骨するお骨は粉末状にしなくてはいけません。

また、山へ散骨する場合も場所の指定があり、法律により自宅の庭に埋葬することも禁じられているので場所を選ぶ際は十分考え、調べる必要があります。

樹木葬の場合は他の方の骨壺と一緒に埋葬されたり、木々の手入れが必要な場合もあったりします。
場所も樹木葬を扱っている霊園など決められた場所での埋葬となるので自宅から遠くなる可能性があります。

その他の注意点としては自然葬をなかなか受け入れられない方も多いです。
そういった方への説明を事前にし、理解を得ておかないとトラブルが発生することもあります。

残された遺族に負担がかからないよう、十分に考える必要があります。